なぜ子供たちは制服を着なければならないのですか?

制服の反対者は、制服を着ることは表現の自由に対する子供の権利を侵害し、ファッションを通して自分自身を表現する能力を制限すると述べています。特定のユニフォームは、女の子がスカートやドレスを着用する必要があるなど、一部の子供にとっても不快な場合があります。制服の反対派はまた、制服の方針を実施することは困難であり、学生を他の学校からのいじめの標的にすることは難しいと主張している。



親の観点からすると、特に収入が限られている家族にとって、制服は最初は経済的負担になる可能性があります。多くの学校では、学生に日常の制服、フォーマルな制服、体育の制服の購入を義務付けています。さらに、一部の学校では、特定のイベント中にネクタイやブレザーなどの特定のユニフォームを着用する必要があり、これらの詳細を覚えるのは難しい場合があります。一部の親はまた、子供の教育に資金を提供するためにすでに税金や授業料を支払っている場合、制服は不公平な費用であると感じています。



Great Schoolsによると、一部の調査によると、制服は生徒の学業成績に影響を与えず、学校の安全性を向上させることはありません。このため、多くの学校関係者は、特に米国のほとんどの学校が制服を必要としない場合、制服の方針に切り替える意味がないと感じています。