なぜ皮膚は臓器と見なされるのですか?

Iwan Gabovitch / CC-BY 2.0

皮膚は、臓器の定義を満たしているため、臓器と見なされます。臓器は、体内で1つ以上の特定の機能を実行するために結合する関連細胞のグループです。 皮膚は体の生存と健康に不可欠ないくつかの機能を果たしているので、臓器のラベルに値します。



皮膚は実際、人体で最大の器官であり、体にとっていくつかの重要な機能を果たしています。それは、それらを含むエンベロープとして機能することにより、体の他の重要な器官のほとんど、ならびにその骨、筋肉、靭帯および神経を保護します。したがって、皮膚はこれらの臓器を外力による生物学的、化学的、機械的攻撃から保護します。体が切り傷や他の傷からの失血を経験するとき、皮膚の治癒特性は失血を抑えるのに役立ちます。

受刑者ケアパッケージテキサス

皮膚はまた、体温を正常な範囲に戻すために熱と発汗を放散することによって体温を調節するのに役立ちます。また、体を寒さや過度の水分喪失から保護します。

また、触覚は肌に依存します。皮膚細胞全体に広がる多くの神経終末は、外界と情報を交換するように作用し、触覚、熱、寒さ、痛みに反応します。

ガラスを溶かす温度