エバークリアを販売することはどの州で合法ですか?

現在、カリフォルニア、フロリダ、メイン、マサチューセッツ、ハワイ、アイオワ、ワシントン、ミシガン、ミネソタ、ニューハンプシャー、ニューヨーク、ネバダ、ノースキャロリン、バージニア、オハイオを含む14の州がエバークリアの販売を禁止しています。アルコールベンダーは、他の36州でエバークリアを販売できます。メリーランド州などの一部の州では、穀物アルコールの販売を禁止していますが、そのような飲み物を所有することは犯罪ではありません。



州は、穀物アルコールの販売を禁止する理由として性的暴行を挙げています。エバークリアのワンショットはウォッカのショットの2.5倍の強さで、味がありません。大学のキャンパスでは、大量飲酒が懸念事項です。バーテンダーはこの物質を使用して、フルーティーな飲み物にキックを加えます。



2013年のアルコール販売はメリーランド州に1580万ドルの税収をもたらし、穀物アルコールはその合計のごく一部でした。バイオリン製作者とケーキデコレーターは、メリーランド州の禁止について不満を述べ、穀物アルコールが彼らのビジネスに役立つと説明しました。エバークリアは、バイオリンのニスに使用される着色料を溶解し、この物質は、ケーキフォンダンに入る食用粉末を溶解します。

エバークリアなどの穀物アルコールは190プルーフ、つまりアルコール度数95%です。ウィスコンシンなどの州は、穀物アルコールの販売を何度か禁止しようとしましたが、成功しませんでした。