指紋の原因となる真皮層はどれですか?

真皮の一部である乳頭層は、指紋、掌紋、足跡が形成される場所であるとペン医学は述べています。 皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3つの主要な層で構成されています。



ペン医学によれば、しばしば「真皮」と呼ばれる真皮層は、乳頭層と網状層の2つの層で構成されています。乳頭層は、表皮の下の最初の層、つまり最外層であり、乳頭を介して表皮に接続します。一部の乳頭は表皮に血液を運びますが、他の乳頭はマイスナー小体と呼ばれる感覚受容体として機能します。これらの乳頭の2列は独特のプリントを形成します。これらの補助は、物体をつかみ、皮膚が裂けにくくするのに役立ちます。

網状層は乳頭状よりも密度が高く、強く、弾力性のある、絡み合ったコラーゲン繊維で構成されています。深部圧感受性受容体、汗腺、リンパ管、平滑筋、濾胞はすべて網状層にあります。