スターターは日産セントラのどこにありますか?

2014年現在の日産セントラのスターターは2本の太いケーブルでバッテリー端子に接続されていますが、正確な位置は車のモデルによって異なります。 バッテリーのプラス端子に接続されているケーブルは、スターターに直接リンクしています。マイナス端子に接続されたケーブルは、スターターの隣にあるエンジンブロックにつながっています。



2014年現在、日産セントラの始動システムは、イグニッションキーが「オン」の位置に回されたときにアクティブになります。この動作により、バッテリーからの電圧がスターターの制御回路を介して送られ、ソレノイドとも呼ばれるスターターリレーがトリガーされます。ソレノイドはスターターのギアを前方に動かし、クランクシャフトと噛み合って車を始動させます。



青の異なる色

日産のイグニッションシステムは通常、コイルオンプラグまたはディストリビュータータイプのシステムを使用してエンジンを操作します。コンポーネントシステムの障害は、多くの場合、COPシステムの点火制御モジュールに起因します。車にディストリビューターが装備されている場合、ディストリビューターキャップまたはローターが故障する可能性があります。作動不能な燃料ポンプまたは吹き飛ばされたヘッドガスケットも始動の問題を引き起こす可能性があります。

最初の自動車の多くは、点火システムにハンドクランクを使用していました。ハンドルを回すとクランクシャフトが動き、エンジンが始動しました。他の車両は、車のエンジンを始動するためにばね張力を使用するワインドアップスプリングを使用していました。

ノートブックの作り方