構造を強くするものは何ですか?

構造物の強度は、その形状とそれを構成する材料に由来します。 PBS Learning Mediaによると、構造物の強みは、構造物を壊したり、その形状を変えたりする傾向のある力に耐える能力です。三角形は最も強い構造形状と見なされます。三角形の建物の場合、崩壊は材料の疲労によってのみ発生し、幾何学的な歪みは発生しません。



Reference.comによると、強風などの力が構造物に作用すると、幾何学的な歪みが原因で正方形や長方形の建物や構造物が崩壊する可能性があります。このため、三角形は多くの人工構造物の構成要素です。 PBS Learning Mediaは、アーチやドームなど、構造の強度を高める他の幾何学的形状を引用しています。これらの形状は、橋や大きな建物で目立つように見られます。たとえば、アーチは圧縮を利用して橋を強化しますが、ドームは耐荷重に優れています。



圧縮は構造物の内側への引っ張りであり、外側へ引っ張る傾向がある構造物の張力とは対照的です。圧縮と張力は、建物の強度の追加要素です。高層ビルがわずかに揺れる原因は、圧縮と張力です。構造物の強度は、その安定性とは異なります。安定性とは、バランスを維持するための構造物の能力です。

地元のビュッフェの子供の価格