ラルフ・ワルド・エマーソンの「自立」とは何ですか?

NicolásBoullosa/ CC-BY-2.0

ラルフ・ワルド・エマーソンの「自立」は、1832年から1839年までのジャーナルと講義に基づいた、エマーソンの人生の経験を組み合わせたエッセイであり、自給自足の重要性に焦点を当てています。 初版のエピグラフの1つは、「自分の外を探さないでください」という意味のラテン語のフレーズでした。エッセイは3つの異なる部分で構成されています:自立の重要性、個人と自立、そして社会と自立。



エマーソンと彼の友人であるヘンリー・デイヴィッド・ソローが超絶主義哲学にもたらした中心的な考えの1つは、社会を改革しようとすると、自分の居場所を見つけるまでは成功しないという考えでした。自分自身を調べ、自分の召しを特定できないことは、社会の潜在能力をはるかに下回るパフォーマンスにつながるでしょう。自己認識の欠如は、社会が適切と思われるものを形作ることを可能にし、自由な精神の独立性と美しさを枯渇させます。ほとんどの人は、自分の個人的な指示に従うのではなく、単に社会のルールに従うので、彼らは自分の可能性に到達することはありません。わずか30ページの「自立」では、自分の中で重要性を見つけ、世界に出て意味のある人生を送る準備ができるようにする方法を概説しています。