アントン・チェーホフの「問題」とは何ですか?

アントン・チェーホフの「問題」は、家族の秘密となる偽造された約束手形を現金化するサーシャという男についての短編小説です。彼の家族は、問題をどのように処理するかについての道徳的なジレンマに直面しています。一人の叔父はサーシャが刑務所に行くべきだと信じており、もう一人の叔父は家族が彼の行為を秘密にし、彼が罰に直面することを許さないべきだと信じています。



割引料金のメトロカードの交換

この討論を通して、サーシャはお金がなく、そもそも友人からお金を約束され、これらのメモを偽造した同年代の他の多くの人々を知っていたので、彼が犯罪者として扱われるべきだとは信じていません。彼の叔父は最終的に家門の栄光を守り、サーシャの行為を秘密にしておくことにしました。それから、サーシャは自分が犯罪者であることに気づきます。彼は叔父にお金を借りるように頼み、彼は決してそれを返済しないことを十分に知っていた。