「三匹の子ぶた」のまとめは何ですか?

ローレンハビエル/CC-BY-2.0

「三匹の子ぶた」の物語は、母親の家から出て行くと、それぞれが干し草で作られた家、小枝で作られた家、レンガで作られた家を建てる3匹の子ぶたの物語です。彼らはすぐに彼らを食べたいと思っているオオカミに襲われます。



オオカミは入居を求めて家に入ろうとしますが、干し草でできた家に住む最初のブタは拒否します。オオカミは家を吹き飛ばし、最初の豚を食べることで反応します。その後、オオカミは小枝でできている次のブタの家に行きます。 2番目の豚は、干し草ではなく小枝で家を作ったので、オオカミから安全だと信じています。しかし、オオカミは小枝でできた家を吹き飛ばすことができ、2番目のブタは食べ尽くされます。



オオカミがレンガでできている3番目の豚の家に来るとき、彼は家を吹き飛ばすことに失敗します。オオカミはこれに腹を立て、代わりに豚の煙突に登って中に入ることにしました。オオカミが煙突に飛び込むと、最後に生き残ったブタが調理用の大釜の蓋を開けます。オオカミは大釜に落ちて死に、物語を締めくくります。