ラビンドラナート・タゴールによる「罰」の要約は何ですか?

「罰」は、2人の兄弟とその妻、そして1人の兄弟であるDukhiramが妻のRadhaを殺したときに生じる不当な状況の物語です。 1800年代後半のベンガル社会における女性の地位を考察する物語です。



「罰」は、仕事から家に帰る二人の兄弟、ドゥキラムとチダムから始まります。ドゥキラムは妻のラダに食べ物を要求します。ラダは軽率に反応し、ドゥキラムを制御不能な怒りに駆り立て、兄とチダムの妻チャンドラがぞっとするのを見て、ナイフでラダを殺すように導きます。



兄を刑事訴追と死から守るために、チダムは村の長老にラダを殺害したのはチャンドラだったと言います。チャンドラはうんざりして裏切られ、夫に戻るのではなく、殺人容疑で裁判所の手による死刑執行を受け入れることを決意しました。チダムは自分の過ちに気づき、実際に何が起こったのかを伝えることで、チャンドラを死刑判決から救おうとします。ドゥキラムでさえ、ラダを殺したことを告白することによってチャンドラを救おうとします。しかし、裁判官は、彼らが単にチャンドラを死刑判決から救おうとしていると信じています。最終的に、チャンドラはラダを殺すことを「告白」することによって彼女の運命を封印し、絞首刑によって処刑されます。