アイザックバシェビスシンガーによる「SonFromAmerica」の要約は何ですか?

アイザック・バシェビス・シンガーの「アメリカからの息子」では、名誉ある息子のサミュエルが、両親が住むポーランドのレンシンにアメリカから帰国します。そこにいる間、彼は誰もが幸せになるためにお金が必要なわけではないことを学びます。



ユダヤ人の農民であるベルルと彼の妻であるベルルチャは、40年間息子のサミュエルに会っていません。当時15歳だったサミュエルは、彼の人生の何かを作るためにアメリカに引っ越しました。彼は毎月彼らにお金を送りますが、彼らはそれを使いません。代わりに、彼らはベッドの下のブーツにそれを保存します。サミュエルは両親を訪ねることに決めました。両親は驚き、喜んでいますが、両親がお金を使っていないことに驚いています。彼らは、レンシンではお金は必要ないと彼に言います。



リバーポイントライターが機能しない

彼は町がより大きなシナゴーグを建てるためにお金を使うことを提案します、しかし彼の両親はシナゴーグが十分に大きいと言います。彼は彼らが旅行することを提案します、しかし彼の両親は家を出たくありません。彼は町が老人のための家を建てることを提案します、しかし彼の父は誰も通りで眠らないので町がそのような家を必要としないと推論します。サミュエルはシュルを訪れ、祈っている人を見つけます。サミュエルはその男が生計を立てているかどうかを尋ね、サミュエルを誤解している男は、彼が健康である限り生きていると言います。

匿名のテキストメッセージをトレースする

サミュエルは家に帰り、そこで母親は健康、善行、富を祈っています。サミュエルは、両親がお金を使わなかった理由をついに理解し、母親に、必要なものはすべて揃っているので、富を祈る必要はないと言います。