ヘンリー・デイヴィッド・ソローによる「生き方の原則」の要約とは何ですか?

ヘンリー・デイヴィッド・ソローは、エッセイ「生き方の原則」の中で、人々がどのように日常生活を送り、生計を立てているかを探り、国の賃金制度に反対している。彼は商取引と政治を「魂のない、卑劣な」と呼び、個人が日常の不思議にもっと焦点を合わせるように提案している。



労働者はお金のためだけに働くことによって自分自身を奪い、ソローは「生き方の原則」で主張している。彼は、家の下に土手壁を建てようと計画している男性や、毎朝土地を耕している隣人など、彼が知っているとされる男性の話でこれを行うことに反対していることを示しています。彼のエッセイは、森の中を一人で歩いたり、教育を受けたりすることの本質的な富について説明しています。どちらも測定可能な賃金を生み出しませんが、ソローは、一粒の知恵は一粒の金よりも価値があると主張しています。



エクソンモービルステーションロケーター

彼は、詩や哲学のない人生は奴隷制と同じくらい非人間的であり、自尊心と真の価値を勤勉に結びつけることは奴隷制の一形態であると書いています。労働者は、生計を立てる必要があるからではなく、仕事を愛しているという理由で、特定の仕事を上手に遂行したり、仕事をしたりすることによって自分自身を解放します。ソローは、真の生活は賃金ではなく、労働者が自分の時間をどのように過ごすかで測定されると書いています。ソローは、アメリカが勤勉をどう評価するかを変える可能性は低いことを認めています。彼は、賃金のために働く必要がないという独特の立場から書いていることを認めていますが、彼が必要以上に必要な場合は、彼が生きるために残っていることがどれだけ残っているかを事前に知っていても、仕事に行きます。

最高の生物学的価値のあるタンパク質

ソローはまた、政治、政治家、政治的願望に反対します。彼は、政治家と法律がアメリカを奴隷州に変えることに一部責任があると考えており、税金と国の軍隊の多くを廃止することは、労働者の仕事を彼の真の願望とよりよく一致させることに大いに役立つだろうと示唆している。