呼吸膜の構造と機能は何ですか?

スコットバーバー/ゲッティイメージズニュース/ゲッティイメージズ

呼吸器表面とも呼ばれる呼吸膜は、肺胞上皮細胞と肺毛細血管内皮細胞でできており、この構造は二酸化炭素と酸素のガスを交換するのに役立ちます。 呼吸膜は、肺内のガス交換において重要な役割を果たします。この膜はまた、酸素を血液に取り込み、二酸化炭素を除去するのに役立ちます。



土曜日の安息日を守る教会

呼吸膜には、肺胞と呼ばれる何千もの小さな細胞構造で覆われた大きな表面積が含まれています。呼吸膜の大きくて透過性のある表面は、呼吸や代謝などの重要な機能のために生成され使用されるガスの交換を容易にするのに非常に適しています。ガス交換は、身体が適切に機能するための重要な部分です。人間は大量の酸素を消費します。酸素は細胞がエネルギーを生成し、基本的なタスクを実行するために使用されます。酸素を使用すると、最終的に二酸化炭素の形で老廃物が生成されます。二酸化炭素は、体内に蓄積しないように排出する必要があります。呼吸膜は、滑らかで薄く、ガスが非常に短い距離を移動する必要があるため、表面全体で酸素と二酸化炭素の粒子をシームレスに移動させることができます。移動時間が短いと、より速く、よりエネルギー効率の高いガス交換が可能になります。