社会学的展望とは何ですか?

ハメッドセイバー/ CC-BY 2.0

社会学的視点は、人間の生活、社会的相互作用、およびそれらの相互作用がグループや社会全体をどのように形成するかを研究することです。社会学的視点は、3つの基礎理論に根ざしています。



社会学的展望の紹介



社会学的観点では、社会的期待と社会的環境の役割、およびそれらが人の行動と思考をどのように形作るかを考慮する必要があります。社会学的な視点を検討することで、社会とその人々をより深く理解し、見過ごされがちな社会環境に疑問を投げかけることができます。研究される社会的環境と要因には、性別、民族性、年齢が含まれます。追加の要因には、収入と教育が含まれます。社会学的観点の目標の1つは、個人的な問題のように見える場合でも、人が社会とその社会的勢力によってどれほど深く影響を受けているかを示すことです。社会学的レンズを通して世界を見ることで、社会的行動を説明することができます。

3つの主要な社会学的視点は、象徴的、機能主義的、対立的視点です。それぞれの理論は、人の人生と社会的相互作用を形作るものをよりよく理解するのに役立ちます。

象徴的な視点



シンボリック相互作用理論としても知られるこれは、人間が発達させる社会的相互作用に大きな重点と象徴的な意味を置く視点です。この理論は哲学者ジョージハーバートミードによって導入されましたが、マックスウェーバーにまでさかのぼることができます。それは人々が物、出来事そして行動に課す意味を調べます。

機能主義理論

これは、社会秩序がどのように可能であり、社会がどのように安定しているのかを分析するエミール・デュルケームの理論です。それは、社会の各部分が社会全体に安定を提供するように機能すると述べています。政府のような社会の制度は最も強い部分です。社会が混乱している場合、それはそれ自体を安定させるために変化しなければなりません。機能主義理論の目標は、社会秩序を維持することです。



紛争理論

紛争理論はカール・マルクスの作品から導き出され、権力と強制が社会秩序にどのように影響するかを研究しています。マルクスは、最大の政治的、経済的、社会的資源を持つ人々が社会で最大の権力を握ると信じていました。これらの強力な人々は、支配を通じて社会秩序を維持するでしょう。しかし、人々が権力を獲得するとき、それは他人を犠牲にして行われると考えられます。この理論は非常に政治的であり、いかなる種類の社会的統一も考慮に入れていません。

社会学的観点からの研究方法

社会学者は、社会学的観点を調査する際にいくつかの調査方法を採用しています。これらには、調査やインタビューの実施につながる定性的および定量的調査が含まれます。調査の方法には、参与観察(周囲に干渉することなくグループの観察者である必要があります)、内容分析、比較分析、および履歴分析も含まれます。

現代の社会学的展望

反応性釉薬とは

20世紀の後半に発展したいくつかの現代の社会学的視点があります。最も注目すべき2つの視点は、フェミニズムとセクシュアリティです。フェミニズム社会学は、制度化された異性愛、資本主義家父長制、平等などのトピックについて議論しています。セクシュアリティに関する社会学的視点は、性同一性に影響を与える社会の役割について議論し、文化的文脈におけるセクシュアリティのルーツを分析します。この研究分野は、セクシュアリティとは何かについての社会的理解を深め、セクシュアリティと性同一性の定義を拡大しました。