スミスシステムとは何ですか?

スミスシステムは、ドライバーの行動をマスターし、激しい実地訓練を通じて衝突を回避する方法をドライバーが学習できるようにするための運転システムです。 このシステムは、1952年にスミスがスミスシステムドライバー改善研究所を開発したときにハロルドスミスによって開発されました。



この研究所は、米国で最初のプロのドライバートレーニング会社でした。研究所の背後にある理由は、ドライバーが責任を持って運転する方法を学びながら、他のドライバーからの悪い運転の無責任な兆候に気づいた場合、ドライバーは衝突やその他の事故を回避できるということでした。それ以来、何百万人ものドライバーがこのプログラムを経験しています。



2二乗プラス2二乗

スミス研究所には、安全運転のための5つの原則があります。 1つ目は、ドライバーの数フィート前の道路部分ではなく、道路全体に焦点を当てて、注意を払うことになると高い目標を設定することです。 2つ目は、気を散らすのではなく、すべての環境と「全体像」を認識することです。 3つ目は、一貫した目の動きを使用して目を注意深く保つことです。 4つ目は、車線の高速道路を運転するときに、車両に近づきすぎたり、ボックスに入れられたりしないようにすることです。 5番目は仮定をしないことです。

スミスシステムは、世界98か国と17の異なる言語で教えられています。スミスシステムは、常に最も推奨される道路訓練を通じて直接教えることができますが、Eラーニングとフリートモニタリングも利用できます。スミスシステムには、トレーニングビデオとドライバーのアドバイスが収録されたDVDライブラリもあります。スミスシステムはテキサス州アーリントンに拠点を置き、イギリスのロンドンにオフィスを追加しています。ただし、世界中にトレーニングコンサルタントがいます。

シャルルマーニュの業績は何でしたか