SLDCADAとは何ですか?

Standard Labor Data Collection and Distribution Application(SLDCADA)は、一元化されたオンラインの計時および出席システムです。 これは、米国海軍海洋システムコマンドによって開発され、民間、軍隊、請負業者の時間を財務上の注文に対して追跡します。



SLDCADAは、名前、社会保障番号、ジョブオーダー番号、支払い期間の識別、および作業スケジュールを含む従業員および労働者の分布データを収集および維持します。 SLDCADAは、出席データ、作業場所、タスクオーダー、およびタイムカード認証情報も追跡します。米国国防総省は、SLDCADAを勤怠管理システムと呼んでいます。



SLDCADAレコードは、パスワードで保護されたコンピューターの制限された領域に保存され、個々のユーザーIDを持つ許可された担当者が知る必要がある場合にのみアクセスできます。データは転送時に暗号化され、6年後にレコードが破棄されます。 SLDCADAシステムは、国防総省の海軍の政策担当副次官補によって管理されています。

自分の情報がシステムにあるかどうかを知りたい、またはその情報へのアクセスを求めている人は、指揮官に書面で要求する必要があります。リクエストには、名前、住所、社会保障番号、支払い期間を含める必要があります。

SLDCADAのバージョン23は2014年にリリースされ、スーパーバイザーとセルフユーザーを対象としています。バージョン22と組み合わせて実行するように設計されています。