愛についての短いスピーチとは何ですか?

Satoshi Kawase/Moment/Getty Images

愛についての短いスピーチは、愛の概念についての短い口頭のプレゼンテーションです。 スピーチには、問題に関する引用、哲学的観察、または個人的な逸話が含まれる可能性があります。これには、さまざまな種類の愛、愛の理想化、結婚における愛の役割、または愛に関連するその他のトピックが含まれる可能性があります。



ガラスの融点

フォーブスによれば、良いスピーチは、そのトピックに関係なく、強力なオープニングを持ち、記憶に残り、構造に従う必要があります。スピーチの古典的な構造は、紹介、本文、結論です。理想的には、強力な紹介には、読者を引き付けるための統計または引用が必要です。



たとえば、話者はフリードリヒ・ニーチェの「私たちは人生を愛しています...私たちは愛することに慣れているので」のような引用で始めることができます。次に、話者は人間の状態の有機的な部分としての愛の議論を始めることができます。対照的に、話者は、アレンジされた結婚と人々がパートナーを選ぶ結婚の離婚率に関する統計からスピーチを開始し、それを結婚愛の概念に関するスピーチの出発点として使用することができます。

スピーチの結論は短くなければなりません。提供されたポイントを要約する必要があります。また、思い出に残るセリフ、引用、ストーリーで終わることもあります。