ユージニア・コリアーの「マリーゴールド」の設定は何ですか?

T.Kiya / CC-BY-2.0

「マリーゴールド」は、大恐慌の間、メリーランド州の田舎の貧民街で行われます。 物語の語り手であるリザベスは、ロッティ嬢のマリーゴールドの状況が起こったのは「乾いた9月」だったことを思い出します。



1969年に書かれた、ユージニア・コリアーによる短編小説「マリーゴールド」の筋書きは、リザベス、リザベスの兄弟、ミス・ロッティとミス・ロッティのマリーゴールドの間の相互作用によって推進されています。物語が始まると、リザベスは、母親と父親が仕事に行く間にリザベスと弟を一人で家に残した方法を思い出します。リザベスの兄弟は、「いつも楽しかった」ので、2人はロッティ嬢に迷惑をかけるべきだと提案しています。兄と妹は友達のグループを集めて、ロッティ嬢の家に向かいます。そこに着くと、グループはロッティ嬢の家の外に植えられたマリーゴールドに岩を投げ始めます。やがて、ロッティ嬢が出てきて子供たちを追い払います。



その夜遅く、リザベスは父親が家族を養うことができないと彼がどれほど無力だと感じているかを話しているのを耳にします。彼女の父親の叫び声を聞くと、リザベスは怒り狂い、彼女はこっそりとミス・ロッティの家に駆け寄り、ミス・ロッティのマリーゴールドをすべて破壊します。ミス・ロッティが外に出て、リザベスがしたことを発見します。その瞬間を振り返ると、リザベスは、ロッティ嬢が「醜さと不妊の真っ只中に美を創造することを敢えてした壊れた老婆」に過ぎなかったことを思い出します。この出来事は、子供の頃のリザベスの無実の終わりを示しました。