首席外交官としての大統領の役割は何ですか?

大統領は外交官として、アメリカの外交官と大使を任命します。 彼はまた、世界中の国々から大使を迎えています。彼は米国の外交政策を立てる力を持っています。



首席外交官になることは、大統領の重要な役割の1つです。彼には、上院による批准の対象となる条約を作成する権限があります。彼は大使を任命して派遣し、他の国からの大使と会う権限を持っています。この憲法上の権威は、大統領の「任命権」と呼ばれています。国の代表を受け入れるという行為は、外国政府の正当性の承認を意味します。大統領は、米国がどの政府を承認するかを決定する独占的な権限を持っています。彼はまた、他の国との関係を終わらせる力を持っています。首席外交官として、彼は外交関係を構築し、国家安全保障を改善する責任があります。積極的な同盟を結ぶことは、戦争や自然災害の時に役立ちます。アンバサダーの送受信の他に、彼は執行役員を任命します。さらに、彼は議会が開かれていないときに「休会任命」と呼ばれる一時的な任命を設定します。休会任命を行うには、上院の確認は必要ありません。ただし、大使と執行役員を任命するには、上院の確認が必要です。大統領が首席外交官として行った活動の例としては、外国の指導者に手紙を書くこと、ホワイトハウスで日本の外交官に会うこと、ロンドンに旅行して英国の役人と話すことなどがあります。