エッセイにおける機能段落の役割は何ですか?

作家はエッセイの機能的な段落を使用して、あるポイントから次のポイントへの移行などの特定の目的を達成し、読者の興味を喚起または維持したり、対話を示したりします。 機能的で話題の段落はエッセイの基礎を形成します。



ほとんどの文章では、ライターは段落と呼ばれるインデントされた(左側の余白から5スペース)ブロックの文を使用します。段落は多くの目的に役立ちますが、通常は次の目的で使用されます。



  • 主題を紹介するか、より長い文章のコンテキストを設定します
  • 焦点を移すか、エッセイの要点を支持する新しいアイデアを紹介します
  • 作家が強調したい点に注意を向ける
  • 読みやすさを向上させるために長い段落を分割する
  • テキストを要約または結論する

トピック文の段落と機能段落は、2つの基本的な段落カテゴリです。トピックセンテンスの段落には、パラグラフの主なアイデアを説明するセンテンス、またはトピックセンテンスが含まれています。トピックセンテンス段落の残りのセンテンスはサポートセンテンスであり、メインアイデアをさらに発展させ、議論し、説明します。トピック文の段落として機能しない段落は、機能カテゴリに分類されます。戦略的に使用する場合、機能的な段落は、執筆にドラマやバリエーションを追加するのに役立つツールです。