社会における家族の役割は何ですか?

ロバートデイリー/カイアイメージ/ゲッティイメージズ

社会における家族の役割は、本質的に、子供たちがより良い人々になるのを助け、ひいては子供たちが社会で生産的になることを可能にするスキル、道徳、価値観を教えることです。



子供たちは学校、職場、友人など、人生の後半で他の場所からスキル、価値観、倫理を学びますが、家族は彼らが道徳感と正しいと間違っていると見なされるものを得る最初の場所です。子供は、両親、兄弟がいる場合は兄弟、祖父母やその他の拡大家族の影響を受けます。家族との頻繁な交流を通じて、子供たちは、より大きな社会で称賛に値し、受け入れられ、嘆かわしい行動を構成するものについての両親の信念を模倣することを学びます。家族が子供に植え付ける価値観は、両親の個人的な育成、地理的な場所、宗教など、いくつかの方法で形作られます。



家族の種類 世界中で、家族の構造と家族の価値観は、主に幅広いコミュニティによって、さらには家族がいる州、地域、国によっても形作られています。子供が育てられる家族のタイプも彼または彼女の価値観を形作り、それは次にその子供が社会でどのように相互作用するか、そして彼または彼女の性役割の概念が何であるかに影響します。たとえば、妻方居住者の家族は、男性の父親の存在や関与のない女性が率いる核家族です。この環境で育った子供たちは、社会に貢献し、平等なメンバーとしての女性の役割について、より好ましい認識を持っているかもしれません。対照的に、伝統的な家父長制の環境で育った子供たちは、男性が家族にとって優れた自然な提供者であるという信念を育む可能性があります。これらの環境は、次に、子供たちが労働力と家庭環境における男性と女性の役割にどのように反応するかを形作ります。

家族の生物学的役割 社会では、家族単位は生物学的機能と社会学的機能の両方を持っています。生物学的には、家族を生み出す生殖は、家族を周囲の社会の成長と将来の継続性に直接貢献させます。時間が経つにつれて、家族における人の役割と機能は、周囲の社会を進化させ続けるというそれらの義務に対応するために変化します。たとえば、生まれたばかりの子供は、家族の中で、他の年長の家族に付き添われ、世話をされる存在として始まります。子供が年をとるにつれて、彼または彼女は家事や仕事のような責任を引き受け始めます。

子どもたちはまた、周囲の社会と交流し始めるときに、適切な行動、社会的規範、エチケットを教えられます。子供が成長するとき、彼らは最終的に彼らの両親と祖父母の介護者と提供者であるという足跡をたどります。彼らは最終的に自分の子供を持つという両親の役割を引き受け、次に両親が彼らに授けたのと同じ特性、価値観、道徳的倫理を伝えます。子供たちはまた、仕事、宗教、友人などの個人的な生活の影響に基づいて、独自の価値観や倫理観を身に付けます。



宗教 社会における家族の役割に影響を与えるもう一つの要因は宗教です。たとえば、カトリックの家族は、歴史的にカトリックの宗教に関連する信念を受け入れるために子供を育てます。宗教的な教えは成長する子供の人生の一部であり、彼または彼女は次に、コミュニティのメンバー、仕事仲間、および社会の他のメンバーとの相互作用にそれらの価値観を適用します。