モーセとラムセス2世の関係は何ですか?

学者は、ラムセス2世が聖書の中でモーセと関連して言及されたファラオであるかどうかが不明であるため、モーセとラムセス2世の間に本当の関係があることを証明することはできません。実際、学者たちは、モーセがエジプトで過ごした期間中に、ファラオが2人いたのか、それとも1人だけだったのかについてさえ争っています。



ラムセス2世がエジプトでのヘブライ人の出エジプトの際に君臨したファラオの一人である場合、彼の娘はモーセを川から拾い上げて採用し、モーセを王室の一員にしました。ラムセス2世の前任者であるセティ1世は、モーセを採用した女性の父親であるとの説もありますが、これにより、ラムセス2世は、モーセの時代に紅海で亡くなった2番目のファラオになります。ラムセス2世は彼の家で亡くなりました。



もう一つの問題は、学者が古代エジプトの歴史の中でモーセという名前の男の特定の言及を見つけることができないということです。しかし、モーセという名前は、たまたまファラオのアメンホテプ3世の謎の息子であり、跡形もなく歴史に姿を消したトトメスに由来するという理論があります。さらに別の理論によると、トトメス3世は、ヘブライ人の出エジプトの際のファラオでした。いずれにせよ、モーセとラムセス2世の間に明確な関係はありません。