聖書のジョシュアツリーへの言及は何ですか?

ヨシュアの木は聖書の預言者ヨシュアにちなんで名付けられましたが、聖書ではその木について言及されていませんでした。中東ではなく南北アメリカが原産です。



学名Yuccabrevifolaから「ユッカパーム」としても知られるジョシュアツリーは、主にモハーベ砂漠やアメリカ西部の他の地域で見られます。民俗伝説は、19世紀にこれらの地域のモルモン開拓者にその名前をたどります。彼らは木の節くれだった枝を見て、それらを前に伸ばした腕と比較しました。これは、ヨシュア記8章12節のように、聖書の人物ヨシュアが腕を上に持ち上げたいくつかの例と比較することができます。他の情報源は、多くの宗教的入植者にとって約束の地としてのアメリカ西部の概念を指摘しており、ヨシュアはモーセが聖書のイスラエル人を彼ら自身の約束の地に導いた後継者であったため、これらの異なる木にヨシュアという名前が付けられたことを示唆しています。



しかし、19世紀の情報源はこの主題に関して混合されていますが、名前の最も初期の利用可能な使用法のほとんどは、モルモンコミュニティ内で出現したものとして扱います。モルモン教徒と他のキリスト教入植者の両方が聖書のレンズを通して彼らの新しい家をしばしば見たので、ジョシュアツリーという用語のいくつかの宗教的な起源はありそうですが、多くの俗語のように、正確な起源は不明です。