ドラマのリアリズムとは?

ドラマのリアリズムは、国内で起こった政治的出来事を示すなど、劇が現実の生活に似ている場合に発生します。 時代によっては、これらの出来事は社会に関連していましたが、1860年代後半まで、これらの描写は舞台では一般的ではありませんでした。



1860年代以降、多くの劇はさまざまな種類の社会的イベントを作品に取り入れました。リアリズムとして知られるこのアクションは、観客がステージパフォーマンスの全体的な弧につながる方法として意図されていました。多くの人が、リアリズムは芸術と科学の組み合わせであり、パフォーマンスを検証できる必要があると信じています。しかし、時代が変わると、リアリズムの全体的なデザインも変わりました。



主な目標は、パフォーマンスが当時のスピーチと行動に一致することです。たとえば、1900年代初頭の音声パターンは、2000年代の現実的な見方ではなくなりました。スピーチに加えて、テクノロジーは現代演劇で大きな役割を果たしています。ブロードウェイのリアルな演劇を作成するほとんどの人は、テレビ、携帯電話、コンピューター、タブレットなどのアイテムを含めることができます。また、他の国の政治運動に関する詳細を含めたり、異性愛者や同性愛者のカップルなど、現在一般的になっているさまざまなライフスタイルを演劇に描いたりすることもできます。