Microsoft Accessの目的は何ですか?

Microsoft Accessの目的は、すばやく簡単なデータベースを作成することです。 Accessは、ユーザーがプログラミングの経験があまりなくても、情報の保存および検索システムを構築および開発するのに役立つユーザーフレンドリーなインターフェイスを提供します。



Accessの機能の多くは、MicrosoftExcelの機能を基に構築されています。ただし、Accessは、複雑なコンピューティングタスクや大規模なデータセットに対してははるかに強力です。 Accessは、ワークシートを介して操作するのではなく、SQLを使用して操作されるテーブルにデータを格納します。これらのテーブルのデータには、クエリを介してアクセスします。クエリは、データの並べ替えとレポートの方法を詳しく説明するコマンドの単純なセットです。



このプログラムでは、アプリケーションやその他のプログラムのより複雑な開発も可能です。 Accessを使用すると、ユーザーはグラフィカルユーザーインターフェイスを開発できるため、将来のユーザーはコードやクエリを直接操作する必要がありません。これらのインターフェイスは、AccessのGUIコマンドのドラッグアンドドロップセットを使用して、またはより複雑なスクリプトを介して構築されます。

アクセスは、データの取得と処理を容易にするために、他のいくつかのプログラムと連携して機能します。 Excelからのデータは、簡単なコマンドを使用してアップロードされ、Accessのテーブル形式に簡単に変換されます。アクセスはSQLに基づいて構築されていますが、スクリプトは他のMicrosoftOffice製品と同様にVisualBasicで実行できます。マクロを介して、ユーザーはデータを並べ替えたり操作したりするための新しい機能を開発できます。