学校に行く目的は何ですか?

学校に通う主な目的は、人生のあらゆる段階で個人を助ける教育を受けることです。 生徒が学校に通う毎日、彼は自分の人生や他の誰かの人生を変えることができる何か新しいことを学ぶ機会があります。人が教育を受けると、他の人に教えたり、子供たちを教育したりすることができます。



監督・カリキュラム開発協会によると、学校に通う目的は、社会の現在のニーズを満たすために世代を超えて進化してきました。現代では、良い教育は多くの人々にとってより良い仕事とより高い生活水準への鍵です。学校に通うことで、習得した知識を使って問題を解決できるようになり、好きなキャリアを積むことができます。



学校に通うことの重要性は、学生が住んでいる国によって異なります。

米国では、教育が最も重要です。子供が学校に行かないことは法律違反です。学齢期の子供または10代の子供が定期的に学校に通わない場合、両親は罰金または刑務所に送られる可能性があり、滞納している生徒は少年院に送られる可能性があります。発展途上国では、学校に行くことはそれほど重要ではありません。多くの外国では、学生は自分たちの宗教、性別、または教育機関へのアクセスの欠如のために学校に通うことができません。