利益方程式とは何ですか?

画像ソース/画像ソース/ゲッティイメージズ

利益方程式は、会社の収益性を決定するために使用され、最も単純な形式で、利益=売上からコストを引いたものとして説明できます。 「コスト」とは、固定費と変動費の両方を合わせた数値を指します。 「売上高」の数値は、販売台数に単価を掛けたものです。



単純な利益方程式を拡張して、その部品のコンポーネントを含め、未知数を解くために使用できます。この形式では、式はP + FC = Q x(SP-VC)です。ここで、FCは固定費を表し、Qは販売されたユニットの数量を表し、SPは各ユニットの販売価格を表し、VCはユニットあたりの変動費です。この式は、たとえば、目標利益レベル(P)を満たすために販売する必要のあるユニットの数量(Q)を決定するために使用できます。