経済学における価格政策とは何ですか?

価格設定ポリシーとは、企業がその価値、需要、生産コスト、および市場競争に基づいてサービスと製品の価格を設定する方法を指します。 価格設定ポリシーは、利益と損失をもたらす領域を作成するためのガイドラインを提供するため、すべての企業にとって不可欠です。価格設定ポリシーは、価格設定戦略と密接に関連しています。



価格設定ポリシーを確立すると、ビジネスマネージャーは会社の価格設定目標に応じて価格設定戦略を作成できます。企業が設定した価格目標の例には、競争との戦い、利益の増加、企業のキャッシュフローの増加、製品価格の安定化などがあります。価格設定ポリシーを設定するときは、価格戦略が必要です。企業は、市場の状況に応じて製品の適切な価格を決定するために、一般的な市況を考慮します。価格設定ポリシーを作成する際に考慮されるその他の重要な要素には、競争、コスト、さまざまな市場セグメント、および顧客が含まれます。



価格設定ポリシーの開発は、製造コストに基づいた価格設定を検討することから始まります。 2番目の考慮事項は、製品の価値と、それに続く製品およびサービスの現在の需要に応じた価格設定です。さらに、価格設定係数は、市場での会社の年齢によって異なります。新規参入者は顧客を引き付けるために低価格を提供しますが、既存の企業はさまざまです。新規参入者の影響を恐れる古い企業は、市場のより大きなシェアを維持するために価格を下げることができます。他の企業は、サービスの改善と顧客ロイヤルティの強化に頼っています。これらの要因は、製品の価格を決定する際にマネージャーがとる戦略と方針を決定します。