請願の祈りとは何ですか?

アレン・ドニコウスキー/モーメント/ゲッティイメージズ

請願の祈りは、個人的なニーズと他の人のニーズを含む祈りです。 祈りは神とのコミュニケーションの一形態です。請願の祈りは、嘆願の祈りとしても知られています。他の人を対象とした請願の祈りは、執り成しの祈りとしても知られています。



ほとんどのクリスチャンに「主の祈り」として知られており、ルカとマタイの本に見られるイエスの「私たちの毎日のパン」の祈りは、請願の祈りの一例です。クリスチャンは、請願の祈りを使って神に語りかけ、肉体的、心理的、精神的、感情的な必要のすべてに備えを求めます。祈りのコーチはクリスチャンに、祈りの要求は彼らの人生に対する神の意志に沿ったものでなければならないことを思い出させます。



祈りのコーチは、聖書とキリスト教の信念に従って、祈りの動機が間違っていると、請願者が望むように祈りに答えられないことを警告しています。請願の祈りは特権的な祈りであり、最も効果的な祈りのために神との緊密な関係を持つよう努めるべきです。クリスチャンは、神を認め、感謝し、崇拝し、賛美することによって、請願の祈りに入る必要があります。クリスチャンは、彼らが求めているとしても、彼らの要求が認められているかどうかにかかわらず、彼らは彼らの人生に対する彼の意志を要求しておらず、受け入れていることを神に必ず伝えなければなりません。