粉末タツノオトシゴとは何ですか?

Acupuncture Todayによると、粉末タツノオトシゴは伝統的な漢方薬で使用される薬用成分です。 それは、馬の形をした頭とカールした尾を持つ魚の一種である乾燥タツノオトシゴから作られています。粉末のタツノオトシゴは、ピルまたはカプセルの形でも入手できます。一部の市場では、タツノオトシゴ全体を扱っています。



Breakthroughs Magazineによると、タツノオトシゴは喘鳴、腹痛、失禁、有毒な腫れなどの症状の治療に使用されます。彼らはまた、媚薬と見なされ、インポテンスを治療します。 Acupuncture Todayは、粉末のタツノオトシゴを1〜3グラムの少量で服用する必要があると述べています。また、皮膚の痛みや感染症に局所的に使用することもできます。高用量の粉末タツノオトシゴは腎不全を引き起こす可能性があるため、このサプリメントを服用する前に、資格のある医療専門家に相談する必要があります。



人間環境の相互作用の定義

タツノオトシゴは、国際貿易条約に絶滅危惧種として記載されています。

平均nbaゲーム時間

絶滅危惧種、BreakthroughsMagazineは述べています。これは、一部には海岸線近くの生息地の破壊と漢方薬での使用によるものです。多くの国がタツノオトシゴの漁業と輸出を規制または禁止しています。

一部の国では、タツノオトシゴの違法な人身売買を阻止するのは難しいと感じています。たとえば、BBCによると、ペルーは2004年にタツノオトシゴの漁業を禁止しましたが、人身売買業者は依然としてタツノオトシゴを捕まえてアジアに輸出しています。 2012年の胸像は、当局が推定した16,000頭の乾燥タツノオトシゴを最大250,000ドルで売却した可能性があると推定しています。