点荷重とは何ですか?

マイケルベイツ/CC-BY-SA2.0

工学の分野では、点荷重は、構造部材上の単一の特定の点に適用される荷重です。 これは集中荷重とも呼ばれ、その一例として、ハンマーが1本の釘を梁に打ち込む場合があります。



塩水に生息する動物

点荷重の代わりに、分散荷重があります。この用語が示すように、分散荷重の力は、単一の点ではなく、特定の領域に適用されます。例としては、ダムにぶつかる川の水があります。水の圧力または力は、ダムの幅全体にかなり均等に分散されます。

構造物の解析では、点荷重と分散荷重の違いが重要になります。単純な構造では、根太は梁の長さ全体に重量を分散する梁です。サポートされていないビーム間接続は、点荷重と構造の潜在的な弱点です。特定のポイントに過度の重量または力が集中すると、ビームがスナップする可能性があり、構造全体に他の壊滅的な損傷が発生する可能性があります。

構造上、点荷重は、より軽い構造物、または荷重または力が比較的軽く、過度の応力を受けないその他の場合にのみ予約されます。構造の完全性を維持するために、設計と設計図は、他の状況での点荷重の使用を回避するように設計されています。