「女の子は砂糖とスパイスでできている」という詩は何ですか?

「女の子は砂糖とスパイスでできている」は、詩「人々は何でできているか」の節の1つに含まれているアイデアです。 また、「全世界が作られているもの」というタイトルも付けられています。この詩の形式は、英国の詩人で歴史家のロバート・サウジーから始まったと考えられています。



詩の全節には、「小さな女の子は何でできているのか、何でできているのか」と書かれています。小さな女の子は何でできていますか?砂糖とスパイス、そしてすべてが素晴らしい。それが小さな女の子が作っているものです。」これは、男の子が何でできているかという詩とはまったく対照的です。 '男の子は何でできているのか、何でできているのか。男の子って何でできているの?切り取りとカタツムリと子犬犬の尾;男の子って何でできているのか」



詩には、赤ちゃん、若い男性、若い女性、船乗り、兵士、看護師、父親、母親、老人、老婦人、そして人々が何でできているかをカバーするスタンザもあります。ロバート・サウジーが小さな男の子と若い女性についてのスタンザを書いたと考えられていますが、残りのスタンザを誰が書いたかは不明です。この詩、特に小さな男の子と小さな女の子に関する節は、マザーグースの童謡コレクションによく見られます。