カンガルーのポーチは何と呼ばれていますか?

Auscape / UIG / Universal Images Group / Getty Images

カンガルーのポーチはマルスピウムと呼ばれます。 この言葉はラテン語の「marsuppium」に由来します。これは財布またはポーチを意味します。 Dictionary.comによると、カンガルーは有袋類であり、子孫が授乳して成長する外部ポーチを備えた動物です。



哺乳類とは異なり、有袋類は母親に付着した胎盤を介して胚に栄養を与えません。代わりに、有袋類は哺乳類よりもはるかに早い段階で生まれ、ポーチ内で成長を続けます。最初に生まれたとき、有袋類は目、耳、後肢が発達していませんでした。ただし、前肢、鼻、口は完全に発達しているため、ポーチに移動して母親の乳首に引っ掛かり、餌を与えて発達し続けることができます。