減価償却率の計算式は何ですか?

ニカダ/ E + /ゲッティイメージズ

時間に基づく減価償却には、定率法、定額法、年数和法の3つの一般的な計算式があります。最初の式は、簿価に減価償却率を掛けたものを計算します。簿価は、原価から減価償却累計額を差し引いたものに等しくなります。二重定率法の減価償却率を計算するには、定額法による減価償却率に200パーセントを掛けたものを使用します。同様に、残高が150%減少する場合は、定額法による減価償却率に150%を掛けたものを使用します。



会計情報に関する会計研究ガイドによると、定額法では、減価償却は原価から残存価額を差し引いたものを耐用年数で割ったものに等しくなります。年数の合計法では、次の式を使用して減価償却を計算します。減価償却費は、コストから残存価額を掛けたものに端数を掛けたものに等しくなります。最初の年の分数は、(n)を(1 + 2 + 3 + ... + n)で割ったものに等しくなります。 2年目の分数は、(n-1)を(1 + 2 + 3 + ... + n)で割ったものに等しくなります。 3年目の分数は、(n-2)を(1 + 2 + 3 + ... + n)で割ったものに等しくなります。昨年の分数は、1を(1 + 2 + 3 + ... + n)で割ったものに等しくなります。

減価償却率は、特定の資産のコストをそれらの資産の耐用年数にわたって分散させるプロセスです。 Calculator Soupには、定額の資産減価償却を計算するオンライン計算機があります。計算機を使用するには、Webサイトの訪問者は、資産コスト、残存価額、耐用年数、稼働日、および年次、月次、または四半期ごとの規則を使用するかどうかを入力するだけです。

私のホームページに戻る