S2-イオンの電子配置は何ですか?

最も単純な硫黄アニオンであり、硫化物としても知られているS2-イオンは、1s2 2s2 2p6 3s23p6の電子配置を持っています。 硫黄の中性原子には16個の電子がありますが、原子がイオンを形成すると、さらに2個の電子を獲得し、電子の総数は18個になります。



S2-では、硫黄は陰イオンとも呼ばれる負イオンを形成します。これは、中性硫黄の元の電子配置に2つのイオンを追加する必要があることを意味します。

硫化物は非常に強塩基です。つまり、硫化物の水溶液はすべて、加水分解のために塩基性です。加水分解により、硫化物の水溶液はすべて腐った卵に似た臭いがします。硫化物が水と混合されると、H2Oから1つのプロトンを取り、1分子のSH-と1分子のOH-が生成されます。硫化物が酸と混合されると、硫化水素として知られるH2Sと金属塩を形成します。

硫化物は、輝銀鉱、輝水鉛鉱、方鉛鉱、辰砂など、多くの重要な金属鉱石に含まれています。輝銀鉱は硫化銀、方鉛鉱は硫化鉛、辰砂は硫化水銀、モリブデナイトは硫化モリブデンです。硫化鉛は、赤外線レーザーでよく使用されます。