コンピュータ出力マイクロフィルムとは何ですか?

ssmyg /ゲッティイメージズ

コンピューター出力マイクロフィルムは、電子メディアからマイクロフィルムに情報をコピーした製品です。 1839年のマイクロ写真の最初の特許にまでさかのぼる歴史を持つCOMテクノロジーは、1920年代から文書や新聞のアーカイブに使用されてきました。そして、パーソナルコンピュータの出現により、コンピュータで作成されたマイクロフォームは、カタログや患者の記録の保存など、図書館以外での使用に人気が高まっています。



ドキュメントのアーカイブにコンピューター出力マイクロフィルムを使用することの重要な利点は、そのストレージ容量です。インディアナ州公共記録委員会は、1枚のマイクロフィッシュカードで230枚の画像を保存でき、6,000枚のカードを含む1立方フィートの収納ボックスで138万枚の画像を保存できると述べています。委員会は、これらの画像のそれぞれが1枚の紙に印刷される場合、それぞれが3,000ページしか保持できないため、ストレージには460ボックスが必要であると結論付けました。

委員会は、ストレージ効率の向上に加えて、新しいCOMテクノロジーが紙の印刷と同等のコストで優れた画質を提供することを発見しました。集中型プリンタから標準サイズの用紙に白黒ドキュメントを印刷する場合の1枚あたりのコストが3セントの場合、同じドキュメントをCOMマイクロフィッシュで1枚あたり0.003セントで作成できます。これらの数値には、ストレージスペースの節約による追加のコスト削減は含まれていません。