RAラテックス濁度テストとは何ですか?

RAラテックス混濁試験は、患者が関節に影響を与える自己免疫疾患である関節リウマチに苦しんでいるかどうかを判断します。 医師は通常、すでに関節リウマチの症状を示している個人に対してこのテストを実行します。



医療診断の分野のリーダーであるQuestDiagnosticsによると、リウマチ因子は関節リウマチの診断を確認するために最も頻繁に使用されるマーカーです。 RAラテックス濁度試験、またはラテックス凝集/免疫比濁法は、IgM RF、IgA RF、IgGRFなどのさまざまなリウマチ因子の存在を患者に検出します。 60〜90パーセントに達するRFのレベルを示すRAラテックス濁度は、関節リウマチの存在を示している可能性があります。リウマチ因子は、多発性関節炎の場合にも存在する可能性があります。



関節リウマチが確認された場合、RAラテックス混濁の結果により、医師は病気がどこまで進行したかを知ることができ、医師が予後と治療アプローチを開発するのに役立ちます。関節リウマチの治療には、投薬、注射、関節の手術、運動が含まれますが、これらに限定されません。 Web MDによると、患者は関節リウマチの影響を受けた関節への将来の損傷を防ぐための技術も学ぶことがよくあります。