華氏で摂氏19度とは何ですか?

登る/CC-BY-SA2.0

摂氏19度の気温は華氏66.2度です。 摂氏を華氏に変換する式は、F =(9/5)* C + 32、つまり摂氏に9を掛け、それを5で割って、32に加算します。摂氏を華氏に変換するには、式はC =( 5/9)*(F-32)。



摂氏と華氏は、温度を測定する2つの方法です。摂氏スケールは、水の凝固点を0度に、沸点を100度に固定することにより、1743年にアンデルスセルシウスによって開発されました。このスケールは、世界のほとんどと科学分野で一般的に使用されています。華氏スケールは、1724年にガブリエルファーレンハイトによって作成されました。彼は水の沸点を212度に、凝固点を32度に固定しました。 2014年の時点で、米国、ケイマン諸島、ベリーズ、バハマは華氏スケールを公式に使用しています。