信仰、希望、慈善の象徴は何ですか?

信仰、希望、慈善の象徴は、大きな十字架、錨と心のある十字架です。 信仰、希望、慈善は、神が魂に与える3つの神学的美徳を表しています。信者は永遠の命に値するためにこれらの美徳に従って彼らの人生を生きなければなりません。



信仰を表す大きな十字架は、神が明らかにされたすべてが真実であるという信者の深い信頼を象徴しています。信者は神の真理への信仰を他の人と分かち合うことが期待されているため、信仰の十字架は他のシンボルよりも高くなっています。



チェース銀行の国際的な場所

アンカーと組み合わされた小さな十字架は、信仰(十字架)にしっかりと接続された接地の希望(アンカー)を表しています。どんなに荒れた生活を送っても、信者は常に信仰の源に執着しています。信者が人生の挑戦に苦しんでいる間でさえ、永遠の命の希望は持続します。

サンゴ礁の分解者

ハートのシンボルは、他の人への愛情を表しています。信者は、神を愛し、神が彼らを愛するように他の人を愛するよう努めます。慈善団体は、敵、隣人、貧しい人々を含むすべての人を愛したいという願望を象徴しています。 3つのシンボルは慈善団体によってバインドされています。慈善はすべての人への愛であるため、慈善は信仰と希望なしには達成できません。神学では、十字架、錨のある十字架、そして心臓が連動しています。