脾臓肉芽腫とは何ですか?

肉芽腫は組織の炎症を示す小さな領域であり、ほとんどの場合肺に現れますが、脾臓を含む他の場所にも現れることがあります。 肉芽腫は他の症状を引き起こさないことが多く、別の理由で実施された画像検査の結果として最初に発見されます、とメイヨークリニックは述べています。



他の症状は見られませんが、脾臓肉芽腫はいくつかの異なる重篤な疾患の兆候である可能性があります。それらは、中心に壊死の有無にかかわらず大きくて活動的な肉芽腫、または死んだ組織として現れます。壊死のない広範囲の小さな肉芽腫;またはそれらが骨に似る点まで石灰化した不活性な肉芽腫。肉芽腫は一般に、病理学の概要で述べられているように、リンパ節、骨髄、肝臓に影響を与える全身性疾患、ならびに伝染性単核球症および慢性尿路血症に関連しています。



肉芽腫は、ホジキンリンパ腫または非ホジキンリンパ腫または有毛細胞白血病にも現れることがあります。しかし、肉芽腫が現れたからといって、脾臓が腫瘍の影響を受けているわけではありません。病理学の概要によると、肉芽腫が活動しているとき、成人は発熱と原因不明の体重減少に苦しんでいます。肉芽腫自体が治療を必要とすることはめったにありませんが、それらはしばしば緊急の治療を必要とする状態の兆候である、とメイヨークリニックは述べています。