一神教と多神教のいくつかの類似点は何ですか?

多神教と一神教の主な類似点は、少なくとも1つの神、つまり神の存在に対する信念です。 両方の信念体系は有神論の形式と見なされます。



有神論は、1つまたは複数の至高の存在への信念です。有神論者は、それぞれの神を意識的な心を持ち、宇宙のすべてのものの原因であると見なしています。どちらのシステムも、無神論とは大きく異なります。無神論は、神をまったく信じていないという信念です。



どちらの言葉もギリシャ語にルーツがあります。一神教はギリシャ語の「モノ」から派生したもので、「1つ」を意味し、「テオス」は「神」を意味します。多神教の「ポリ」はギリシャ語で「多く」を意味します。

多神教と一神教の両方が世界中で広く実践されています。キリスト教、ユダヤ教、イスラム教は、最も広く実践されている一神教の3つです。ヒンドゥー教と大乗仏教は広く実践されている多神教です。両方のシステムの支持者は、祈りと儀式を通して彼らの神を崇拝します。

いくつかの多神教は一神教の信念のいくつかの要素を共有し、逆もまた同様です。たとえば、ヒンズー教徒は多くの異なる神々を崇拝しています。しかし、これらの神々は、バラモンという名前の単一の神の実体の現れです。別の例は、聖三位一体に対するキリスト教の信念を多神教の要素を持っていると解釈する人もいます。聖三位一体は、父(神)、子(イエス)、聖霊で構成されています。これらの3つの異なる実体は、3つの要素が単一の神の側面であると考えるキリスト教の信念の中で神聖であると見なされます。