過充電されたカーバッテリーの兆候は何ですか?

過充電された自動車のバッテリーの兆候には、水の喪失、バッテリーの故障、または水素の爆発が含まれます。 車載コンピュータを搭載した車両では、バッテリーの過充電によりエラーコードが誤って表示されます。過充電の最も一般的な原因は、電圧レギュレーターの故障です。バッテリーが早期に故障した場合は、レギュレーターを確認するか、専門家に確認してもらいます。



バッテリーが過充電されると、水の劈開につながります。電荷は水中の水素と酸素の結合を切断し、水素ガスと酸素を形成します。通常、これらのガスはベントキャップの穴から逃げ出し、害はありません。ただし、セル内の水が分解されると、レベルが低下します。ガスの蓄積が速すぎると、バッテリーの内部火花が2つのガスに点火し、爆発を引き起こします。バッテリーケースは通常壊れ、バッテリーの酸が周囲の表面に吹き付けられます。酸は塗料の剥離や金属の錆の原因となる可能性があります。



ガスが放散すると、バッテリー内の低レベルの水がプレートを大気にさらし、そこで酸化します。所有者が定期的に水を補充しない限り、酸化はバッテリーの充電を保持する能力を低下させ、早期の故障につながります。

車両に搭載されているコンピューターは、バッテリーの調整された充電に依存しています。過充電になると、チェックエンジンライトが点灯することがよくあります。スキャンツールを使用してコンピューターをチェックすると、バッテリーの過充電が原因で誤った診断コードが見つかることがよくあります。