三角法の実際のアプリケーションは何ですか?

maxiphoto / E + /ゲッティイメージズ

三角法は、天文学、建築、工学、音楽理論、地理などの実際のアプリケーションでよく使用されます。 三角法は、もともと地理学と天文学のために開発されました。



三角法、または三角法の最も一般的な用途の1つは、数学です。線形代数、微積分、統計はすべて、何らかの形で三角法を使用します。三角法は最初に球に適用されましたが、数学者がそれが平面でさらにうまく機能することを発見するのにそう長くはかかりませんでした。



三角法は物理学で重要な役割を果たします。静力学と光学は、三角法に大きく依存する物理学の最も初期の形式の一部ですが、三角法は空間の理解に役立つため、物理学のすべての分野はその使用に依存しています。

2、000年以上前、天文学の計算を行うために三角関数表が作成されました。天文学者はこれらのテーブルを使用して惑星の動きを追跡しました。この球面三角法は使用されなくなりましたが、天文学者は依然として定期的に三角法を使用しています。

音楽理論は人が三角法を見つけることを期待する最後の場所かもしれませんが、そのアイデンティティは弦楽器の分野に適用できます。ミュージシャンが弦楽器の背後にある物理学とその音を計算すると、三角関数公式が機能します。一例として、バイオリンの振動は余弦関数と同じ形をしています。トリガーが音楽の分野で登場するとき、それは一般的にkHzで表される周波数に関連付けられます。