純粋競争のいくつかの例は何ですか?

テトラ画像/ブランドX画像/ゲッティイメージズ

純粋競争の例には、農業市場や普通株式市場が含まれます。 純粋競争では、製品の価格は売り手ではなく市場の需要によって設定されます。



純粋競争は、多数の独立した売り手と消費者が存在し、特定の製品がすぐに供給される理想的な経済シナリオです。競合他社から容易に入手できるため、売り手は製品の価格を下げることができず、消費者はそのような幅広い需要があるために製品の価格を下げることができません。

ほとんどの農業市場は純粋競争の良い例です。たとえば、ミルクはサプライヤー間でかなり類似している製品であり、世界のほぼすべての地域で入手可能であり、広く消費され、一定の価格で販売されています。しかし、生産者の大部分が干ばつや牛の病気に見舞われた場合、影響を受けていない生産者は、需要は高いままであるが供給は減少するため、市場をより強力に管理できます。

普通株市場は別の例です。普通株は所有権の最下位層を表しており、広く利用可能です。参加者が外貨を売買する外国為替市場も良い例です。これは電子的に接続されたネットワークであり、世界中の参加者が参加し、競争と需要を高く維持しています。

純粋競争の完璧な例はほとんどありません。多くの市場では、短期間の純粋競争が存在する可能性があります。しかし、ほとんどの場合、売り手と買い手の数が変動すると、特定の市場がシフトし、生産、需要、価格の変化につながります。