双方向通信のいくつかの利点は何ですか?

クリスライアン/カイアイメージ/ゲッティイメージズ

双方向通信により、送信者と受信者の間の明確化と相互作用を求めて、即座にフィードバックが可能になります。 これは通常、情報とフィードバックの配信に関して一方向の通信よりも効率的であると見なされています。



通信とは、情報(またはメッセージ)の一部を一方の端(送信者)から宛先(受信者)に渡すプロセスを指します。場合によっては、通信は線形パスを取り、単方向です。このモデルは一方向通信と呼ばれます。通信の別のモデルには、送信者と受信者の間の相互作用が含まれます。これは双方向通信と呼ばれます。一方向のコミュニケーションのデメリットの1つは、相互作用がないことです。フィードバックがないため、メッセージの運命がわからない可能性もあります。

一方、双方向通信モデルは、送信者と受信者の両方が即座に対話できるため、多くの場合、一方向通信よりも効率的です。フィードバックと通常の対話を含むこの相互作用は、あいまいさを排除し、情報の明確さを保証するのに役立ちます。

現在、インターネットを介して多くのコミュニケーションが行われています。 Webテクノロジーにより、人々は効果的にコミュニケーションをとることが非常に簡単になりました。コンピューターは、人々がさまざまなプラットフォームでメッセージを送信できるようにする視覚的なインターフェイスを提供します。ソーシャルネットワーキングは、電子メールメッセージングとは対照的に、バイラルになりました。前者は、人々が迅速かつ効果的に通信できるインスタントメッセージングテクノロジーに依存しているためです。

1対1のエンゲージメントを伴う口頭でのコミュニケーションも、双方向コミュニケーションのもう1つの良い例です。それは、感情が表現され、よく理解される、個人的な相互作用の最も効率的な方法と見なされています。