社会的影響とは何ですか?

「社会的影響」という用語は、個人またはグループの行動が、個人、家族、またはコミュニティの価値観、人口統計、または経済状態などの変数に及ぼす影響を指します。 たとえば、人口動態の多様性の増加は、コミュニティ内で手頃な価格の住宅を増やすことの社会的影響の1つです。このような人口動態の変化が長期にわたって続くと、手頃な価格の住宅を増やすことの効果は、社会的影響を与えることを超えて、持続的な「社会的影響」を持つものに移ります。



コミュニティや個人はそれを可能にするために財政的および人的資源を投資しなければならないため、すべての技術的進歩には社会的影響があります。シリコンバレーやシアトル地域など、これらの投資を行うコミュニティへの社会的影響は、長期的な経済成長です。増税により、公園や図書館などの政府サービスが改善されます。



インターネットの社会的影響には、少なくとも最初は、インターネットにアクセスできる人とアクセスできない人の間に隔たりを作ることが含まれていました。インターネットのもう1つの社会的影響は、障害のために以前は孤立していた人々の情報へのアクセスと社会的相互作用の増加です。障害を持つ人々がインターネットを介して他の人々と交流するにつれて、コミュニティはまた、オンラインでの雇用機会を特定することで、より多くのメンバーが市民の議論に積極的に参加できるようになり、経済にも参加できるようになります。