倫理と法律の類似点は何ですか?

倫理と法律は、どちらも善悪に焦点を当て、不道徳な行為を防ぎ、医師やソーシャルワーカーなどの業界団体のための規則を作成することに焦点を当てているため、密接に絡み合っています。 ただし、倫理と法律もまったく異なり、倫理的義務は人の法律に対する義務を超えることがよくあります。



ペルーのパフペッパー南アメリカ

法律はまた、人々に非倫理的な行為であると信じていることを実行するように強制することができます。法律が彼らを非倫理的であると強制していると感じる医師は、法律を変えるために法の世界の中で働かなければなりません。もちろん、法律の観点から刑事責任を免除された医師は、依然として有罪であり、倫理的に無責任であった可能性があります。



法律と倫理の違いのさらに別の例は、対人関係に見ることができます。子供たちと一緒に時間を過ごしていない親は、子供たちが親と一緒に時間を過ごす権利を持っているため、倫理的に無責任であると見なされる可能性があります。しかし、時間の不足が深刻な怠慢につながるのでない限り、子供から離れて時間を過ごすというこの選択は違法ではありません。

法律と倫理の両方がすべての人々の道徳的境界を確立するために機能しますが、法律は正義に基づくルールブックであるのに対し、倫理はより個人的な倫理規定です。法律に違反すると、人は刑務所に送られるか、罰金が科せられます。倫理規定に違反すると、他人の恥や軽蔑につながる可能性があります。ただし、倫理規定には法的な罰はありません。