チョコレートを食べすぎるとどのような副作用がありますか?

ピーターピアソン/CC-BY-SA2.0

ウィキペディアによると、チョコレートを食べすぎることによる悪影響には、依存症や過度の体重増加が含まれます。チョコレートの過剰摂取も糖尿病につながる可能性がある、とサイエンスデイリーは警告しています。また、免疫システムを低下させる可能性がある、とNourished誌のJosephMercolaは付け加えています。このため、病気の間はチョコレートを避ける必要があります。



チョコレートの過剰摂取による悪影響のいくつかは、砂糖や脂肪など、メーカーが製品に追加する余分な成分から生じます。チョコレートを食べすぎると、鉛中毒の可能性が高くなります。いくつかの研究は、鉛がカカオの殻に結合する可能性があることを示しています、とウィキペディアは報告しています。チョコレートの製造中にも汚染が発生する可能性があります。



これらの理由から、マーコラは人々にダークチョコレートを食べるように勧めていますが、適度です。調査によると、1日に消費されるチョコレートは6.7グラム以下であるとMercolaは報告しています。一般的に、ダークチョコレートは最小限の加工しか受けておらず、砂糖などの潜在的に有害な余分な成分をほとんど含んでいません。また、鉛で汚染される可能性も低くなります。さらに、ダークチョコレートにはフラボノールと呼ばれる抗酸化物質が含まれており、酸化剤による損傷から体を保護します。マーコラによると、ダークチョコレートはブドウ糖の代謝を改善し、正しい血圧を維持するのに役立ちます。