ウォールエアベントとフロアベントの長所と短所は何ですか?

The Baltmore Sunによると、床と壁の通気口の長所と短所は、通気口が暖房システムと空調システムのどちらに接続されているかによって大きく異なります。床の通気口は暖かい空気の排気に最適ですが、壁の高い壁の通気口は冷却に適しています。



空気の流れの自然なパターンを使用することは、暖房または冷房システムの床と壁の通気口を選択するための鍵です。冷気が沈むため、壁の高い位置にある壁の通気口を使用することで、エアコンからの冷気を効率的に床面まで循環させることができます。熱風が発生するため、床の通気口に適しています。同じアプローチは、システムに空気を戻すベントに最適です。暖房システム用の床収集ベントは冷気を返し、空調システム用の高壁収集ベントは熱気を取り込みます。



暖房システムに低い壁の通気口を使用することも可能です。これは床の通気口を使用するよりも効率的ではありませんが、場合によっては、建物または暖房システムの設計に壁の通気口が必要になることがあります。フロアベントを使用する際の重要な注意点の1つは、フロアベントに固有のレジスタを使用する必要があることです。壁の通気口用のレジスターは、人の体重を支えることができず、安全上の問題を引き起こします。