オレストラの長所と短所は何ですか?

オレストラは脂肪を置き換えることで肥満を減らすのに役立つことが示されていますが、胃腸の問題を引き起こし、多くのビタミンなどの脂溶性栄養素を枯渇させることでも非難されています。 オレストラはこれらの副作用のために初期の人気を失いましたが、それでもいくつかのダイエット製品に含まれています。



1971年、乳児用調製粉乳に使用するより良い脂肪を調査しているプロクター・アンド・ギャンブルの研究者によって、オレストラが偶然発見されました。この新しい物質の用途を特定する試みが何度か失敗した後、プロクター・アンド・ギャンブルは、1996年に最終的にFDAからスナック食品添加物としての使用の承認を受けました。しかし、消費者はほとんどすぐに副作用、特に胃腸の不調を訴え始めました。研究者たちは、オレストラは通常の脂肪と同様に、脂溶性ビタミンA、D、E、Kを溶解して輸送し、システムを非常に速く通過したため、体からその利点を奪ったと指摘しました。



これらの副作用による評判の悪さは、オレストラの広範な使用を抑制しましたが、2015年の時点で、レイズライトやプリングルズライトポテトチップスなどのいくつかの製品にまだ見られます。さらに、Procter&Gambleは、工業用潤滑油や塗料への環境に安全な添加剤や、体からダイオキシンを除去する方法など、オレストラの商業利用の可能性をまだ研究しています。